ダイレクトメール発送代行見積もり比較サイト~ぜひ、ご参考に~

           

トップ > ダイレクトメール情報 > ターゲットを絞り込む効率的広告、ダイレクトメール

ターゲットを絞り込む効率的広告、ダイレクトメール

 会社経営者の方々や、個人で物販などを手がけている事業主の人々にとって、売上をアップさせるための広告宣伝は必要不可欠な業務として位置づけられていることでしょう。人通りの多い場所でのチラシ配布やポケットテッシュ配り、ノベルティのサンプリング、人目の集まるところでのポスター掲示などの他にも、インターネットに広告を載せたり、SNSを活用したりといった様々な方法で、自社製品および各種サービスなどの宣伝を、試行錯誤しながら経営されている方も少なくないでしょう。
 これらの広告手法の他にも、顧客となりえそうな方々に焦点を絞り、定期的に電子メールやハガキ、封書などでダイレクトメール(DM)を送ることで、効率的に売上を高めていくといった方法も合わせて用いている方も多くいらっしゃるでしょう。
 その際に気をつけたいのが、DMを送るタイミングです。できれば平日は避けるようにして、週末や長期休暇などの時期を見計らいながら送付することによって、普段なら封も開けずに捨ててしまう方であっても、休日なら自宅でゆっくり過ごしながら、目を通してくれる確率が上がるといえます。


 ダイレクトメールを送付することによるメリットとしてあげられることは、あらかじめ選定した顧客となりえる脈のありそうなターゲットに対して、直接的に自社製品やサービスの特徴や優位性などを伝えられるといった点です。
 あるサイトでは、ターゲットを絞らない無差別なチラシやパンフレット類などの送付は、受け手が商品やサービスに関心がなければ、すぐに捨てられてしまう可能性も高くなり、結果として売上に直結することなく、非効率な広告活動であるとして指摘しています。
 それに対して、購入者層の嗜好傾向などを事前にリサーチして行う広告活動であれば、その分だけ広告が無駄となるリスクも必然的に低くなり、とくに、一度でも自社商品やサービスを利用したことのある既存顧客に広告を入れれば、その良さを再確認してもらえる可能性がアップして、リピーターとなってくれる確率も上がっていくことでしょう。


 こうした広告活動の中でも、ダイレクトメールは他の広告活動と比較しても、ロスの少ない効率的な方法であると考えます。ただし、この広告手段を用いて既存顧客や潜在的顧客へ向けてアプローチしようとする場合には、目に留まるキャッチコピーや文章、デザイン制作といったことをはじめ、宛名印刷から貼り付け作業、
 そして発送までといった大変手間のかかかる方法であるともいえます。そのため、DM発送代行業者一括見積もり無料サイトを利用することによって、依頼費用は発生してしまいますが、事業者の方々の直接的な作業負担を回避することができ、主要業務に専念することができます。
 また、一括見積もり無料サイトといっても数多くのサイトがありますが、あるサイトで紹介されていたDM発送代行業者では、専門のコンシェルジュが依頼主の要望を受けて、日本全国各地にある5万を超える業者を選りすぐり、最適な業者を無料で紹介してもらえるといった、サービスを行なっているところもありますので、ご利用の際には参考にしてみてください。