ダイレクトメール発送代行見積もり比較サイト~ぜひ、ご参考に~

           

トップ > ダイレクトメール情報 > ダイレクトメールの見積もりはインターネットから

ダイレクトメールの見積もりはインターネットから

 新規開店や新サービスの宣伝を効率的にそして少ない予算で行いたいと考えている方に向けて、ダイレクトメールの利用を提案します。チラシやインターネット上に広告を掲載する場合と比べて圧倒的に安い値段で宣伝を行うことが出来るため、気軽に注文することが出来ます。そんなダイレクトメールですが、どのように見積もりをしたらよいのでしょうか。それは、インターネット上から見積もりを依頼することが一般的です。
 というのも、インターネット上には様々な業者があります。そのため、わざわざ複数の業者に足を運び依頼する必要もありません。インターネットを利用するだけで簡単に複数の業者の見積もり結果を把握することが出来ます。新規開店や新サービスを上手にそして効率的に宣伝したいと考えている方は、ダイレクトメールを上手に活用し、宣伝しましょう。


 ダイレクトメールの印刷は事前に相見積もりをとろう

 ダイレクトメールの印刷は、依頼する印刷業者によって価格が異なります。少しでも価格を抑えて印刷を依頼したい場合は、複数の業者に見積もりを取って価格を比較することが大切です。見積もりは電話で依頼できるだけではなく、ホームページに用意されている専用のフォームに必要事項を入力して送信することで手軽に依頼できます。普段、仕事に追われていると、どうしても印刷業者の営業時間内に問い合わせする時間がとれないことがあります。そんなとき、オンライン上で依頼できれば、時間帯を気にすることなく問い合わせることができます。
 もちろん、すぐに返信してくれますので、何日も待たされてしまう心配もありません。ちなみに、繁忙期のため複数の業者に見積もりを依頼する時間がないときは、ダイレクトメールの印刷から発送までを代行してくれる会社に依頼するのもよい方法です。お安い価格で確実にダイレクトメールの印刷と発送を行ってくれるので、非常に安心感があります。


 ダイレクトメールの見積もりはWebで依頼可能

 ダイレクトメールは、クロネコDM便や郵便はがき、ゆうメールなどで送ることができます。代行業者では他にも海外向けのダイレクトメールを依頼することができます。見積もり価格は発送部数や種類により異なってきます。
 また、一通当たりの重さにもよります。作業は宛名ラベルはシールを出力するところからお願いできますし、シールを貼ってもらう部分だけ依頼することも可能です。最短で当日発送にも応じてもらえます。入稿データで必要なものは、エクセルなどで送るので、ネット上での入稿が可能です。印刷用データは、代行会社がフォントを整えてくれたりもしてくれます。チラシそのものを依頼する場合、デザインから考えてもらえます。プロのデザイナーが対応してくれるので本格的なものが作れます。打ち合わせは電話やメールといったWeb上でできるので、遠方の会社でも利用できるようになっています。

次の記事へ